人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

水中歩行日記(7)~新しい水着を買う~

高槻市民プールには、更衣室に、水着の脱水機がある。

使用した水着、手で絞っても、水は、ほとんど切れない。

脱水して持ち帰るのに、非常に便利である。

 

8月のある日、家に帰って、水着をすすぎ直して、ベランダに干した。

スカートの部分が、大きく裂けている。

多分、水着を脱水する時、どこかにひっかかったのだろう。

 

「この水着は使えない。新しいのを買わなければならいのだろう。」

まず、思った。

しかし、次の、水中歩行の日の水着がない。

乾いた水着を、まず丁寧につくろった。案外上手にできて、水着が裂けたところをうまくつくろえた。

 

やはり、新しい水着を買う事にした。

私の町のプールで、皆さんが使っているセパレート型の半袖にした。

しかし、バストを合わすと、ウエストが合わず、ウエストを合わすと、バストが合わない。

仕方ないので、その中間のサイズにした。

何とか着られる。

 

新しい水着は、嬉しい。

喜んでいると、「肩から背中が布で覆われている。日光浴ができない。」

息子に注意された。

「私の町のプールで、いずれ使用するのだから、この形が、一番、いいのに。」

言い返したけれど、今更返品することは、出来ないし、返品する気持ちもない。

高槻市民プールに行くとき、夏の間は、今までの水着を使用することで、息子の了承を取り付けた。

昨日、町のプールで始めて、使用した。

スカートがないだけ、水の抵抗がなく歩きやすかった。

(息子注。母は、私達が住んでいる〇〇町のプール(町営のプール)と高槻市立市民プールの2ヶ所に通っています。町営のプールは、屋内のみ。高槻市立市民プールには、年中使える屋内プールと7月1日から9月11日まで使える屋外プールの2つがあります。)

のうぜんか