人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

澤田瞳子さんの「星落ちて、なお」を読んで

澤田瞳子さんお「星落ちて、なお」を読みました。

主人公は、江戸時代から、明治時代にかけて活躍したもともと、狩野派の絵師、

河鍋暁斎(画鬼と呼ばれた)の娘、とよ。

とよは、5歳のとき父から父の絵を手本として渡され、絵師として育てられる。

 

物語は、父、河鍋暁斎の葬儀から始まる。

時代は、明治になって、日本画に対する価値観が、大きく変わる中で、とよが、どのように、生きたかが書かれている。

 

利己主義なようで、父暁斎をこえようとあがく兄暁雲。

才能は兄を超えられないと思いつつ、父の跡を、懸命に生きるとよ(暁翠)が、感動的である。

 

時代は、明治から、関東大震災の時まで、移ってゆく。

わき役としてとよを最初は支えつつ、交流のある鹿島屋清兵衛など、共に生きた人たちの事も書かれ味わい深い作品であった。

 

現在、埼玉県蕨市に「河鍋暁斎記念美術館」があるとのことである。

一度行ってみたいものである。

日々草