人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

牛乳を買われるときは、低脂肪乳でなく、普通牛乳を。

https://diamond.jp/articles/-/303858

江部康二先生の「内臓脂肪がストンと落ちる食事術」という本の紹介からの引用です。

ダイヤモンドオンラインに載っていました。

 

野菜ジュースや果物ジュース含まれる糖質の量 - 人生は80から (hatenablog.com)

同じ記事の中に、野菜ジュース、果物ジュースには、糖質が多いから危険、と書いてあります。

 

今日は、牛乳の話をしたい、と思います。

市販の牛乳には、普通の牛乳と低脂肪加工乳があります。

低脂肪加工乳は、バターを生産するために、牛乳から脂質を抜いたものです。

 

下記の食品成分データベースを見ていただければお分かりになると思いますが

検索結果表示 (mext.go.jp)

それぞれ100gに含まれる成分は            

           蛋白質        脂質    炭水化物

普通牛乳      3.3g      3.8g    4.8g

脱脂加工乳     3.8g      1.0g    5.5g

 

脱脂乳のほうが糖質が多く、脂質が少ないのです。

糖質を多くとることは、身体に良くないです。

今日ご紹介した江部先生の本の目次にも「脂質は取っても太らない」と書かれています。

牛乳を買われるときは、低脂肪乳でなく、普通牛乳を選ぶと良い、と思います。 

アガパンサス