人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

最近できなくなったこと。

30~40代の時は、なんでもなくできたことで、80歳を超えた現在、できなくなったことが多い。

 

まず、歩くスピードが落ちた。

同年齢の中で、一番、遅いのではないか。

腰痛があり、かばいながら歩くのと、喘息があり、坂を上がるのが大変になったから。

でも、「歩ける。」ことは、有難い事だ。

だから、身の回りの事は、自分でできる。

 

次は、耳が聞こえなくなった。

今年、「耳が聞えない事。」で障害者6級になった。

もちろん、補聴器はつけている。

しかし、マスクをしている方と話すと、声は聞くきとれるものの、言葉は聞き取れない。コロナよ、早く終息してほしい。

 

繕いをしようとすると、針の穴に糸が通らない。

一番、針穴の大きい穴に、ミシン糸50番(とても細い糸)の白なら、かろうじて通る。

幸いなことに、息子のジャージの繕いくらいは、まだ、なんとなる。

 

徹夜ができなくなった。

面白い本があっても、翌朝の事を考えて、どんなに遅くても、午前2時には、眠ることにしている。

 

数字が憶えられない。

電話番号を見て、その番号を30秒後に、他の人に伝えられない。

明らかに、記憶力が落ちてきている。

そして、判断能力も落ちている。

確定申告書の作成はできるが、最終確認を息子に頼むようになった。

 

掃除機をかけることができなくなった。

我が家は、ルンバを使えるほど、断捨離は進んでいない。

現在、カーペットの上は、コロコロを使って掃除をしている。

 

最近、団地内の道路に減速帯が付いた。

段差が出来たので、自転車に乗るのが、怖くなり、自転車の処分をした。

 

怖くなることは、まだまだある。

母が亡くなるとき、「老いる」とは、大人から赤ちゃんに戻ってゆくことだ、と思った。

現在、私も、赤ちゃん帰りが始まっている。

それに、どれだけ、抵抗できるか、これが、これからの私の目標だ。

自立して生活することが、私の目標。

アザミ