人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

糖質をたくさん食べると(2)

昨日は、でんぷんの話をさせていただきました。

今日は、糖質の中で、私たちの生活でよく使われている砂糖の話をしたい、と思います。

砂糖は、煮物や和え物、照り焼きに使われ、さらにスィーツによく使われます。

本当に料理やお菓子類をおいしくしてくれます。

 

身体の中に入ると、口、食道、胃を通り越して、小腸でサッカーラーゼという酵素で分解されて、ぶどう糖グルコース)と果糖(フルクトース)に分かれます。

ぶどう糖は、でんぷんから分解されたぶどう糖と一緒になり、小腸で吸収され、血液中に入ります。(血糖)

 

一方、果糖は、肝臓に運ばれ、一部分解され、ぶどう糖が分解される経路に入り、エネルギーとなり、身体の中で利用されます。

 

しかし、身体に入った果糖の量が多いと、肝臓で中性脂肪に変えられます。

そして、果糖の摂り過ぎは、血液中の中性脂肪を増やし、肥満につながります。

 

果糖が多く含まれる食べ物は、果物です。

明日は、果物について、お話ししたいと思います。(続く)

ディプラデニア