人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

江戸時代の物価は?

知人の紹介で、元国税調出身の税理士の話を聞く機会があった。

 

「現在の駆け蕎麦の値段がまあ~、800円くらいでしょう。テレビドラマで見かける遠山の金さんの時代、お蕎麦は16文でした。どちらが、高いでしょう?」

 

江戸時代、前期から元禄時代まで、次は、文化文政のころまで、そして明治時代の前まで、それぞれの小判に含まれる金を目安に貨幣価値を算出し、平均すると、1文16.5円と換算できるとのことでした。

800円のお蕎麦1杯254円。

お蕎麦の値段は、現在のほうが高い。

 

江戸時代の米の値段は、1升1650円

1合は150gだから、1升1500g=1.5kg

10kgの値段は11000円となる。

スーパーで売られているお米の値段は10kg3000円

 

豆腐は江戸時代1丁825円(大きさは不明)

スーパーで見かける木綿豆350g1丁108円~158円

 

江戸時代と言えば初ガツオ、1尾85,800円

浮世絵は1枚528円

歌舞伎芝居の最高ランクは桟敷席が180,400円

立見席は264円(意外と安い)

宝くじは、1枚33,000円、1等が66,000,000円

 

当時の大工の日当は6,600円

収入金額は少ないのに、必需品の値段は高かったように、思える。

現在も、5%の富裕層と95%の一般人と言われているが、

現在より暮らしにくかったことだろう。

額紫陽花