人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

清水泰行著「糖質過剰」症候群②

母は、再晩年、認知症になった。

寝たきりになり、食事も、飲み込めず、ゼリー状のものを食べていた。

最後に、訪ねて行ったとき、病院のベッドの上で、なんとか、私の顔がわかったようで、嬉しそうに笑ってくれた。

しかし、言葉はすべて忘れていた。

 

一人暮らしができなくなり、我が家に同居し、介護施設にお世話なった母の姿を見て、

「私は、認知症にだけは、なりたくない。」と思った。

息子に薦められ、認知症予防のために、糖質制限を開始した。(2012年から)

理由は、認知症患者の脳の中にβアミロイドという有毒たんぱく質が、多くある。

βアミロイドを分解する酵素は、インスリンを分解する酵素と同じである。

「糖質を多く取ってインスリンが多く分泌されると、分解できないβアミロイドが、脳内にたまり、認知症が進む。」という事だった。

 

清水先生の「糖質過剰」症候群p46~p48より

アルツハイマーになると、脳にブドウ糖が取り込まれなくなる。

ブドウ糖は、インスリンによって、細胞に取り込まれる。

しかし、ブドウ糖が多すぎると、インスリンが、効果を発揮できず、(インヅリン抵抗性がある)脳の神経変性が起きる。

脳内には体の中より、インスリンが多く、神経の構造や機能、生存に大きくかかわっている可能性が高い。

通常働く、インスリンには、神経保護作用があるが、インスリン抵抗性ではインスリンへの反応性が低下し、その保護作用が低下する。

また、高血糖自体も炎症を引き起こし、悪影響を与える。

~~~~~~~~~

ブドウ糖のもとは、でんぷんであり、日常、食べているでんぷんは、お米が多い。

お米の摂取量が少ないと、認知症になりにくい。

「母の姿を思い出すと、出来るだけ糖質を食べないでおこう。」といつも思う。

カランコエ