人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

アンソニー・ホロビッツのカササギ殺人事件を読んで

アンソニーホロビッツカササギ殺人事件は、翻訳部門本屋大賞に輝いた小説です。

 

ある女性編集者が、出版予定の「カササギ殺人事件」という小説を読むところからこの話は始まります。

上巻は、カササギ殺人事件という、アラン・コンウエイのスリラー小説(探偵小説)です。

主人公は、アティカス・ピュントという探偵で、アガサ・クリステイの中に出てる名探偵、ポアロを思い出させます。

小説もクリステイへのオマージュ(芸術やで尊敬する作家や作品の影響をうけで、似たものを捜索すること)で探偵は、ポアロを思い出させます。

 

しかし、この小説は、最終巻の解決編がありませんでした。

不審に思い、落ち着かない思いの女性編集者スーザンのところへ、カササギ殺人件の作者アランが自殺したという連絡が、入っています。

葬儀に参列したスーザンが、その後、アランの関係者にいろいろ話を聞き、最後にカササギ殺人事件の最終原稿をみつけだしたとき、アランの殺人者に襲われます。

何とか、恋人に助け出されだされたスーザンの手によって、アランの小説の解決編がしめされます。

 

1冊で2度の謎解きが楽しめます。

そして、この2冊は、登場人物の姿、形や性格、名前もよく似ていますし、いろいろな言葉遊びが隠されています。

訳に詳しい解説がありますが、英語で読まれると、言葉、遊びもよくわかっておもしろいでしょう。

ちりばめられた伏線を最後に気持ちよく回収してくれますが、一度読んだ後、伏線を確認するために、すぐに2度目の拾い読みをしてしました。

久しぶりスリラー小説でしたが、若いころ読んだクリスティを思い出し、十分に楽しめました。

f:id:spring211:20220126072304j:plain

サクラソウ