人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

チキンラーメンと、赤いきつねと緑のたぬきの思い出


neruzoh.hatenablog.com

息子のブログです。

老い寅さんのリクエストにより、日清食品の企業分析を行っています。

 

日清食品は、チキンラーメンカップヌードルを作っている会社です。

2022年3月期野通期予想では

税引き前の利益440億円

PER28.139倍

PBR2.23倍

 

同業他社である東洋水産赤いきつね緑のたぬきを作っている会社)

税引前の利益335億円

PER21.15倍

PBR1.47倍

息子の結論としては、割高と判定しています。

言い換えると、成長性があるという事です。

その理由としては、外国での売り上げが伸びているという事です。

 

息子の言い分としては、「外国の売り上げが、日本に居てわかるわけがない。」

 

私の記憶として、チキンラーメンを初めて食べたのは、高校生のころ、

ググッてみると、1958年に発売されていました。

おいしかった事、覚えています。

大学を卒業して、研究室にいたころ、冬の雨の日、あまり寒く(そのころ、エアコンは、まだなかった)、売店に行くと、助教の先生や、研究員が、ほとんど、集まって、みんなでチキンラーメンを食べた思い出があります。

 

カップヌードルが、発売されたのは、1970年代。

日清食品は、テレビで、日本昔話のスポンサーをしていましたね。

鶴の恩返しの話に重ねて、「3分間待つのだぞ!」というCMを懐かしく思い出します。

 

赤いきつね緑のたぬきは、ドラッグストアで働いているころ、お弁当の汁物の代わりに、ほとんど毎日食べていた事を覚えています。

 

昨日の記事で、カレールゥの売り上げに成長性がないことに驚きましたが、いくら、カレーが好きでも、食べるのは、1週間に1回、それに比べて、カップヌードルや、赤いきつね緑のたぬきは、毎日でも食べますものね。

日清食品東洋水産の株が買われても、当然かもしれない、と思いました。

f:id:spring211:20211227072058j:plain