人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

子供のころのクリスマスの思い出

1989年JR東海のCMで牧瀬里穂主演でクリスマス・エクスプレスが放映された。

名古屋駅の改札口近くの柱の影で牧瀬里穂が、東京から帰ってくる恋人を待っている。

彼が、改札口をでてくると、息をはずませて、牧瀬里穂が飛び出してゆく・・・。

50歳前後の方は、きっと覚えていることだろう。

このCMで「クリスマスは恋人同士で過ごす。」という新しい文化が生まれたと言われている。

 

私が子供のころは、太平洋戦争後だったから、日本の国は貧しくて、クリスマスツリーもなく、ケーキもローストチキンも食べた記憶もない。

時々買ったもらう小学〇年生という雑誌で、クリスマスツリーの絵やサンタクロースが、トナカイの引く橇に乗っているのを見たことがあるだけである。

 

小学高学年の時、クリスマスの朝、朝起きると、枕元に、羽子板がおかれていた。

少女の絵が、表面に描かれたものだった。

父と母が用意してくれたものとは、すぐにわかったが「サンタクロースが、持ってきてくれた」と喜んだ記憶がある。

「そうしたほうが、父も母も喜ぶだろう。」と考えたと思う。

 

中学生になって、「クリスマスの日は、雑誌で見たローストチキンを食べてみたい。」と、母にせがんだ。

その日の夕食は、ローストチキンではなくて、鶏の炊き込みご飯であった。

内心がっかりしたが、私が、育った家は、ぜいたくできるような家ではない。

当時は、ローストチキンは、高価なものであった。

鶏肉を買っただけでも、母にとっては、大きな出費だっただろう。

「おいしい、おいしい。」と喜んで、鶏の炊き込みご飯を食べた。

 

その夜、布団に入ると、隣の部屋で、母が父に言っていた。

「〇〇(私のこと)が、無理を言うのを黙らせるのは、簡単だ。赤子の手をひねるようなものだ。」

父は、何も言わなかった。

1950年代中頃の話である。

その頃「日本は、もう戦後ではない。」と言われていた。

f:id:spring211:20211222081438j:plain

ポインセチア