人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

旅の宿(9)(沖縄編)

沖縄2日目は、観光バスで首里城、おきなわワールド文化王国の中の鍾乳洞(玉泉堂)、平和祈念公園とまわった。

f:id:spring211:20211202065554j:plain

首里城は、残念ながら、2019年秋に火災にあってしまったけれど。

     首里城の栄華の跡や緑濃し

 

次に行ったのは、「おきなわワールド文化王国」にある玉泉洞と鍾乳洞。

f:id:spring211:20211202070547j:plain

サンゴ礁があるから、大きな鍾乳洞ができるとのこと。

沖縄のきれいな海とサンゴ礁のこと、話としては、知っていても、実際に行ってみると、強く印象に残った。

 

ここで、昼食をすまし

f:id:spring211:20211202071026j:plain

またしても、ビッフェ。

糖質制限者の私には、最高のごちそう。

 

食後は、エイサー見物。

明るい演奏とパフォーマンスで、沖縄が、南国であることを改めて感じる。

    エイサーの太鼓の音や風薫る

最後の向かったのは、平和祈念公園

沖縄戦で亡くなった方の名前が、屏風のような石に刻まれている。

f:id:spring211:20211202071830j:plain

摩文仁の丘の平和の火が、珍しく点火されていた。

f:id:spring211:20211202072243j:plain

この写真は、艦の砲弾。

現在も沖縄には不発弾がのこっているとのこと。

    不発弾礎石の下に春烈風

平和で、明るい太平洋戦争終焉の地に行ってみて、改めて戦争のむごさを感じた。

    錆果てし艦の砲弾春深し

 

沖縄最終日は、ANAのホテルに泊まった。

前日泊まったグリーハウスという民宿とは天国と地獄の差があった。

お風呂が広い。

調度が素晴らしい。

ベッドも、大きい。

部屋に置かれたテレビも大画面である。

これがシティホテルか、改めて見回したけれど、今まで泊まったビジネスホテルとあまり差は感じられなかった。

 

夕食は、またもビッフェ。

金額は、はるかに高価であったが、充実していたのはスィーツ類。
味は、その日の昼、食べたり、その前日に食べたものと大差がなかった。