人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

マーケットの見通し(コロナの蔓延についての見通し)(2)

https://ssl4.eir-parts.net/doc/3895/tdnet/2041644/00.pdf

ハビックスという会社の2022年3月期の第2四半期の決算短信です。

この会社は、外食時に使うおしぼりとか、マスクや紙おむつを生産している会社です。

今年度の半分が終わったところで、税金を納める前の利益が△4300万円になっています。

今年度が終わる来年3月の利益予想を5億円から、4000万円に修正しました。

 

spring211.hatenablog.com

この記事は、今年9月5日が、息子が持っていたマーケットの見通しですが、(荒唐無稽で、私は、笑ってしまったのですが)、世界の人口が、現在70億人、2025年には、80億人になるだろうといわれているが、「世界の統治者は、これ以上人口を増やしたくなくて、コロナの感染者や死亡者の報道を大きくすることで、コロナの蔓延を長引かす可能性があるだろう。」ということでした。

 

「コロナが、蔓延すると、人々の行き来が減り、婚活の機会が減り、未婚の男女が増え、赤ちゃんが生まれなくなるだろう。」と、大真面目で息子は言っていました。

 

今年の9月5日ごろ、緊急宣言がだされ、第5波が蔓延中でした。

今は、落ち着いたていますが、コロナウイルスが、すべて消えたわけではありません。

第6波が懸念されています。

 

最初に載せたのは、ハビックスの決算短信ですが、「外食時の不織布のおしぼりを作る会社ですので、今期は利益は、伸びないだろう。」と予想されていましたが、ここまで、利益が落ちたのは、「生まれる赤ちゃんの数が減り、赤ちゃん用のおむつの売れ行きが、大きく落ち込んだから」という事でした。

 

男女の出会いが減り、結婚する人が減り、赤ちゃんの数が減るとしたら、宇宙船地球号の人口増の心配は、なくなるでしょうが、日本の、今後の人口数は、心配ですね。

 

ワクチンの効果で、現在落ちついている現在ですが、変異種が、猛威を振るわないでほしいものですね。

f:id:spring211:20211110073116j:plain