人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

パ・リーグの球団とその親会社

今日は、昨日の続きで、パ・リーグの親会社の時価総額を見てみた。

オリックスオリックス 2兆7739億5100万円)

ロッテ(ロッテ 未上場)

楽天楽天グループ 1兆9352億9900万円)

ソフトバンクソフトバンクホールディングス 11兆3266億7900万円

西武(西武ホールディングス 4114億4500万円)

日本ハム日本ハム 4133億8000万円)      2021年10月21日現在

 

セリーグの球団の親会社の時価総額が、すべて数千万円であったのに比べると、西武と日本ハムが、同じくらいの大きさで、未上場ロッテ以外は、とても大きな会社だ。

それだけに、オリックスソフトバンクは、球団経営に十分費用を使っているように思えるし、西武と日本ハムは、若手選手を育成して、FAなどを使って、放出している。

そして、私が、子供のころの球団の親会社は、一つも残っていない。

 

私が若いころ、人気のセ、実力のパと言われたけれど、やはり、そうなのではないか。

試合風景をみると、パのほうが、人気を得るために努力をしているように思える。

そして、日本ハムが北海道、楽天が東北にあるのは、いいことだと思う。

ほとんど、すべての球団が、東京と大阪にあるのは、やはり、おかしい。

 

現在は、すべての球団の試合が、毎日見られる。

(我が家は、J:COMに加入している。この部分のみ息子が追記。)

それなのに、スポーツを観るのに、他の種目を観ることが多くなったこのころだ。

f:id:spring211:20211024072636j:plain

百日草