人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

セ・リーグの球団とその親会社

会社の時価総額とは、その会社を買い取ろうとしたとき、必要な金額。

その日の株価×発行株数で求められる。

現在、日本で、一番大きい会社はトヨタで、32兆3607億2800万円(2021年10月21日現在)

 

セリーグの各球団の親会社の時価総額を見てみた。(2021年10月21日現在)

ヤクルト(ヤクルト本社)     9800億9000万円

阪神阪急阪神ホールディングス) 8823億5600万円

巨人(読売新聞)         未上場

広島(マツダ(株))       6652億3000万円

中日(中日新聞)         未上場

DeNAディー・エヌ・エー)   2791億7200万円(ゲームやSNSから、スマホアプリに転換、任天堂と提携している会社)

 

親会社に、トヨタのような大規模の会社がないのは、なぜだろう?

野球は、戦争後、日本人全体が楽しみにしている娯楽であった。

現在の中日に、トヨタが肩入れしても、おかしくはないのに。

 

子供のころから、「なぜ巨人ばかりが強くて、他の球団が、巨人の胸を借りるような態度をとるのだろうか。」不思議だった。

だから、私は巨人が、特別扱いされるのが嫌いであった。

新聞社は未上場である。

どのくらいの大きさの会社かはわからない。

もちろん、大阪に住み始め、阪神が強い年だけ阪神を応援する。

ただ、クライマックス・シリーズがあるので、1位には、あまり、こだわらなくなったけれど。

f:id:spring211:20211023075431j:plain

百日草