人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

私が子供のころのプロ野球

今年のプロ野球も終わりにちかづいた。

1位チームが、セは、ヤクルトか?パは、オリックス

そして、クライマックスシリーズが行われる。

日本シリーズは、どこが優勝チームになるのだろう。

 

私は、セの優勝者とパの優勝者が、そのまま日本シリーズを戦うのが、わかりやすくて、すきだけど。

興行成績も、消化試合処理の問題もあるのだろう。

 

プロ野球も、変遷してきた。

私が、物心付いたころ、プロ野球の試合は、ラジオで放送されていた。

同じ家の母屋に住んでいた、従兄弟たちは、プロ野球に夢中であった。

女の子の知り合いもいない私は、大きな影響を受けた。

 

その頃と同じチーム名で、今存在するのは、セでは、巨人、阪神、中日、広島。パは、ないのではなかろうか。

いまのDeNAは、私が、子供のころは、大洋ホエールズといった。

このチームが、セ・リーグ優勝した年、新聞の漫画にあった「『月が丸はのマーク』に見えらー。」のセリフ、今も、覚えている。

 

パは、親会社が、変遷した。

東映大映、松竹といった映画会社、南海、近鉄、阪急、西鉄いといった私鉄、セでは今のJR(当時は国鉄)を親会社とするチームもあった。

トンボ(鉛筆の会社か?)とかタカハシとかいうチームもあった。

毎日新聞プロ野球のチームを持っていた。

 

そして、やはり、巨人がプロ野球の中心であった。

選手では、川上哲治(長嶋が選手のころの巨人の監督であった)とか、大下、別所、青田、国鉄の金田、阪神は、藤村といった選手に記憶がある。

 

時代が下がって、王、長嶋の時代には、阪神の村山、小山、西鉄の中西、稲尾、豊田とか、覚えている。

しかし、すべて、巨人対アンチ巨人であった。

私は、一生を通じてアンチ巨人であったけれど。

今の巨人、見る影もない。

 

そして、現在気にしているのは、エンジェルスの大谷翔平の活躍である。

 

世の中、楽しいものが野球以外にいろいろある。

サッカーのワールドカップのアジア予選、日本が抜けられるかどうかのほうが気になる。

テニスもゴルフもラグビーの試合も見るのは面白い。

プロ野球の結果ニュースでチェックだけになってしまった。

クライマックスシリーズの結果もニュースで結果を確認するだけになるだろう。

f:id:spring211:20211022080249j:plain

コスモス