人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

難聴が進んだが、今のところ、日常生活はできる。

私は、耳が聞こえにくい。

若いころから、めまいを繰り返した。

かかりつけ医の話によると、メニエル氏病という事だ。

めまいが、起きるたびに耳鼻科へ行って、副腎皮質ホルモンの点滴を受ければ、これほど、聴力を落とすことはなかったらしい。

生活に、追われて行かなかった。

 

先日、補聴器を新しいものに、取り換えた。

身体障碍者の人は、補聴器を新調するのに、5年に1度、補助が出るらしい。

最初の補聴器を作ったのは、8年前。

その頃は、補聴器をしていれば、町の騒音が聞こえ、対面で他の人と話をすることができた。

 

しかし、コロナが蔓延してから,皆さんが、マスクをされる。

声は聞こえるが、言葉が聞こえにくくなった。

補聴器さんの話によると、初代補聴器の寿命も来ていた。

 

家の中で補聴器をしていると、息子との会話には不自由はない。

でも、電話の声は、聞き取れるが、言葉は、聞き取れない。

 

「身体障碍者に該当するか。」かかりつけ医に聞いてみた。

「人が、なんとか聞こえる最小の音を20μPa(マイクロパスカル)と定め、これを基準として、どのくらい大きいかをdB(デジベル)という単位で表すと、身体障碍者に該当するのは、70dB以上とのこと。」

私は、左が80dB、左が68.8dBとのこと。

わずかに足りない。

 

120dB   ジェット機のエンジン音

80dB             電車の音

70dB    にぎやかな事務所

60dB    通常の会話

とのこと。

 

今の状態になってから、近所の方とも話ができなくなったし、スーパーで買い物をしても、わかりきった会話はできるが、話題が別のことに及ぶと、聞こえない。

テレビを見るのも、字幕放送がある。

 

それでも、目は見えるので、毎日の生活には、大きな不自由はない。

さ~、今日も元気に、行こう。

f:id:spring211:20211012072831j:plain

セイタカアワダチソウ