人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

母のこと(2)

1940年に、結婚した母に、相次いで、私と妹が生まれた。

 

祖父の食事は、お膳に載せて、祖父の部屋に持って行く。

戦争中で、食べるものがない時代とはいえ、普通の白米を炊いたご飯だったし、卵が、必ず、1日1回は付いていた。

だから、父と母は、食べるものが他の人より少なく、やせ細っていたらしい。

母方の祖父になる人が農家だったから、時々食料品を荷車に積んで、その上に薪を載せて送ってくれていたそうである。(闇取引になるから。当時は、食料品は配給制であった。)

 

母の兄が戦死し、母方の祖父が脳出血になった時、母の兄や姉は、母方の祖父に会いに戻ったけど、母が帰ることを、祖父が許さず、「あの時ほど、つらいことは、なかった。」と、後で聞いたことがある。(母がいないと、祖父は、他の人の声が聞こえないから。祖父は、ある意味、母に頼り切っていたのだろう。)

 

しかし、祖父は、母の義母のように、冷たさのある人ではなく、人柄は優しかった、とのことである。

「逃げて、実家に帰ったとしても、子供の頃の生活を思えば、その時の婚家先の環境の方が、はるかに、心休まる物であった。」と、母から聞いたことがある。

 

空襲、疎開終戦、と続き、母の実家での生活が、その後、続いた。

母の実家(香川県さぬき市)には、母の義姉の一家だけが住んでいる状態である。

そこで、私と妹が疫痢にかかる。

私は、幸い助かったが、妹は亡くなった。(私は、祖父のお膳に載っていた卵を分けてもらって食べていた。しかし、妹は、卵を食べていなかった。)

 

母は、祖父と母の義姉の間に入って、ずいぶん気苦労をしたらしい。

見かねた母の姉が、別宅の(香川県東かがわ市)の提供を申し出てくれた。

東かがわ市に引っ越しして、3年後に祖父は他界する。(1953年没)

 

父と母は、同じ東かがわ市に小さい家を購入した。

本当は、高松市に戻りたかったが、経済的な問題があった。

小さいけど、我が家、引っ越しした夜の、嬉しそうな父母の姿を今も覚えている。

 

母は、もともと、明るい性格であった。

家事をしながら、歌を歌っていた。

私と父は、音痴でさっぱり、歌えなかったけれど。

 

父が株式取引をする利益で、我が家は生活した。

(私が、大学生のころは、世の中は、所得倍増論の時代であった。)

家の周りに、家庭菜園を作り、10数羽の鶏を飼っていた。

採れた卵を販売するつもりであったらしい。

少しは、農協が買い取ってくれたらしいが、生活の足しになる物ではなかった。

 

就職できるような職場もない小さな町に住んでいたから、両親の希望もあり、私は、高校を卒業をした後、進学し、卒業後、公務員になった。

そして、見合い結婚をし、大阪に出て来た。

 

息子が5歳の時、父は3か月ほどの入院の後、亡くなった。(1977年没)

f:id:spring211:20211009071050j:plain

秋の南天

母は、それから、20年余り、一人暮らしをしてくれる。

「親子3人で暮らした生活も良かったけれど、一人暮らしの時が、一生で一番幸せだ。」と言いながら。(続く)