人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

敬老会いろいろ

oi-tora.hatenablog.com

今日は敬老の日

上記の記事は、老寅さんの住む町の敬老の日のようすで、コロナの影響が、どこも、大きいことがよくわかる。

市の敬老の日の対応が、地域によって違うことも、興味深い。

 

私が住む町は、敬老会の主催は、町でなく、町の各自治会である。

5年ほど前までは、毎年、後期高齢者が、招待されていたが、65歳以上が50%近いこの団地。

集会所に、全後期高齢者は、入りきれない。

敬老会に招待されるのは、75歳、80歳、85歳・・・と5年に1回である。

それでも、今年もコロナで中止となり、該当者には紅白饅頭と記念品が届けられるとのことである。

1か月ほど前に自治会から後期高齢者で該当する年齢の人の氏名を調査する回覧板がまわってきていた。

 

今年度は、私の住む棟で、自治会の役員になってくれる方がいたので、棟全体が自治会を脱退することなく、敬老会の調査が来たが来年度はどうなるのであろう。

f:id:spring211:20210920070100j:plain

季節外れの山吹