人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

JR西日本、JR東海、JR東日本、JR九州の決算短信を読み比べて

コロナが蔓延していて、現在JR各社の株価が下がっている。

JR西日本JR東海JR東日本JR九州の4社の2022年3月期第1四半期決算短信を読み比べてみた。

spring211.hateblo.jp

spring211.hateblo.jp

spring211.hateblo.jp

spring211.hateblo.jp

その結果

4社に共通していることは、

運輸業としては、鉄道の安全性に取り組んでいる。

コロナの影響で、鉄道事業は大赤字、ただ、新幹線を使った荷物輸送は、伸びている。

②流通や外食産業に力をいれていて、その部門が黒字化に近い。

③不動産業が好調で、4社ともこの部門は黒字である。(駅中のテナント収入など)

数値で見ると

             JR西日本   JR東海   JR東日本  

第1四半期の経常利益   △515億円  △401億円    △654億円 

2022年度通期予想    106~141億円  330億円     360億円           

2021年9月17日の終値         5052円     15865円      6958円   

2019年11月の株価     10016円       23455円     10170円    

配当               100円    130円     100円     

 

                                            JR九州

第1四半期の経常利益   3.85億円

2022年度通期予想     129億円

2021年9月17日の終値     2468円

2019年11月の株価      3785円

配当                93円

 

驚くことは、JR九州は、わずかでも、黒字化している、ということ。(他の3社は大赤字。)4社とも、配当を出していること。

 

さらに、驚いたことは、これほどの大赤字なのに、JR東海リニアモーターカーの事業を建設中という事である。

一般の会社ではなく、まだ、国策会社のような雰囲気を感じられる。

ただ、JR九州は鉄道とその他の収入が1:1で、分譲マンヨンを販売している。

また、地元企業から焼き肉チェーン事業を10月に譲り受ける予定。(四季報(SBI証券、9月17日作成)より抜粋。)

 

(ここまで、息子が、一部、手を入れました。)

 

皆様この結果を見て

①高値から、値が下がったJR3社のどれかの株を買う。

②ほとんど、不動産会社であるJR九州の株を買う。

③大赤字なので、JR4社の株は買わない。

④コロナがもう少し続きそうなので、さらに値下がりを待ってJR4社のどれかを買う。

皆様ならどれを選択されますか。

f:id:spring211:20210919074418j:plain

日々草