人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

インターネットの普及による恩恵

funyada.hatenablog.com

上記はアメリッシュさんのインターネット創世記の記録です。

この記録を読んで、我が家に初めてパソコンがやって来た日のことを思い出しました。

 

そのころ、ドラッグストアで働いていた私、店で、値段表(ポップ)を作成したり、

店ごとの仕入れの管理をしたり、その日の売り上げを本部に連絡するのに、パソコンが使われ始め、「パソコンできません。」と言えなくなりました。

 

最初に買ったパソコンはIBM(現在のレノボ)でした。

形も液晶画面になる前のテレビのような箱型、

もちろん、モデムを使用してのインターネット接続でした。

インターネットに接続すると、電話は使えず、非常に不便でした。

現在のスマホ全盛をだれが想像できたでしょうか。

 

2000年にはイン博(インターネット博覧会)がネット上で、開かれ、多くの人が夢中になったのではないでしょうか。

各会社が競ってホームページを立ち上げた時代でした。

そして、わからないことは検索することが常識となり、百科事典が、消えた家も多かったのではないでしょうか。

 

インタ-ネットへの接続も、モデムからISDNに移り、さらに光通信に進化しました。

現在我が家は、J-comを使用しています。

 

家族の中から夫と娘を失い、連絡する先を失った私は、現在スマホをもっていなくて、ネットの世界から、大きく遅れを取っています。

 

それでも、日常の買い物も60~70%は、通販を利用し、これから体が衰えていっても、パソコンがあれば、寝たきりにならない限り、今の生活を続ける予定です。

 

インターネットの普及本当に、有難いと思うこの頃です。

f:id:spring211:20210915065732j:plain

ヌスビトハギ