人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

2021年8月の俳句

オリンピックに始まり、猛暑に翻弄され、そして次はパラリンピックだった今年の8月

流れてゆきました。

今までの年月と同じように思い出の中に消えてゆきました。

暑さを例年以上に感じ、体力の衰えを感じるこの頃です。

8月の俳句です。

 

遊ぶ子のなき団地広場草いきれ

 

間道をよぎる風あり野萱草

 

夕立後風の優しくなりにけり

 

とんぼうの羽光り空には白き雲

 

百日紅村には媼ばかりなり

 

炎天下歩きし後の水甘し

 

蜘蛛の囲に気のは一枚今朝の秋

 

油蝉少し掃除の手抜きせり

 

万緑や老いても爪のよく伸びる

 

笹の葉に揺れる空蝉雲はるか

 

いつまでも続くコロナ、どこまでつづくのでしょうか。

1日も早く明けてほしいものです。

f:id:spring211:20210901070100j:plain

日々草