人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

アフガニスタンの現在と今後について、テレビニュースを見て、意味が分からず、ググってみました。

アフガニスタンといえば、イランの東、パキスタンの西にある歴史のある国家です。

 

それが、テレビで先日アメリカ軍が撤退して、タリバンが国土を掌握し、タリバンが、イスラム教義で、国民を圧迫していると報道されていました。

 

第3次アフガン戦争でイギリスから独立したアフガニスタン

王政が、革命により共和制なります。

大統領になったのは、前国王の従兄。

しかし、すぐに次の革命が起き、共産主義の勢力とイスラム教が争い、ソ連軍が侵攻してきます。

 

これを、ソ連の南下と見たアメリカが、ソ連に対抗するために、イスラム派に武器の提供を始めます。

 

ソ連軍の撤退のあと、イスラム教国となります。

その後、タリバンが勢力を伸ばしてゆきますが、アメリカの2001年9月11日の事件により、米軍がアフガニスタンに介入し、アフガニスタン紛争は、さらに続きます。

 

もともと、アフガニスタンは、山岳国で多民族国家、気候は乾燥状態で、牧畜が盛んです。

小麦の栽培が主体ですので、小麦では、必須アミノ酸トリプトファンとリジンが足りず、山羊や羊の乳をよく飲みます。

そのため国民の70~98%にラクターゼ活性があります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jhej1987/38/1/38_1_77/_pdf

4/6左上

 

乳糖不耐症については

こちらをご参照ください。

話がそれました。元に戻します。

 

現在のアフガニスタンの状態については

www.youtube.com

此方で説明されています。

この動画を見ると、アメリカ軍は、武器を残したまま、アフガニスタンを撤退しています。

そして、この武器をタリバンが集めて、自分のものにしたのではないでしょうか?

さらに、タリバンの役職者は、中国側と会談したとのことです。

中国は、一帯一路の政策とイランから石油の輸入が目的なのではないでしょうか?

アフガニスタン、平和が来てほしいものです。

f:id:spring211:20210822083710j:plain

槿(ムクゲ