人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

糖質制限食でチーズはおいしいけれど、毎日食べると飽きてくる。他に食べられるおやつは?

私は、糖質制限をしている。

母が認知症で亡くなった。最後は、寝たきりになり、言葉を失い、覚えていたのは私の顔だけだった。

母の様になりたくない。

身内の医者に、糖質制限をすすめられた。

脳内にたまるβアミロイドが、脳の働く力をそぐ。

βアミロイドを分解する物質は、インスリンを分解する酵素と同じとのこと。

インスリンは、糖質を摂ればとるほど、たくさん分泌される。

 

だから、おやつは、いつもチーズを食べている。

チーズはおいしい。

 

しかしながら、人は贅沢にできている。

毎日食べていると、飽きてきて、他のものが食べたくなる。

 

夏だから、アイス!

とんでもない!

糖質がたくさん含まれている。

糖質制限を始めてから、アイスは食べたことはない。

 

糖質を含んでないもの、何かないか?

スーパーで、有機のアーモンドを見つけた。

チーズに加えて、1日10粒か20粒食べた。

いつも食べないものは、おいしい。

幸せである。

 

ところが、最近夜中に小さな喘息発作を起こすようになった。

もともと、季節の変わり目には喘息が出ることがある。

真夏に出ることは、この数年、ほとんどない。

 

身内の医師に注意された。

「アーモンド、食べていただろう。アーモンドは、リノール酸が多い。」

リノール酸は人は自分体の中で作ることができない必須脂肪酸

植物に多く含まれており、

ω6脂肪酸の1種でとりすぎると、アレルギーを起こしやすくなる。

 

泣く泣くアーモンドを食べるのを辞めた。

代わりに勧められた、するめを、時折、つまんでいる。

袋の裏の糖質の量の少ないものを選んでいる。

 

正直なもので、アーモンドを食べるのを辞めてから、喘息発作は起きていない。

f:id:spring211:20210803074006j:plain

バーベナ