人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

サプリを利用するとき注意すること(サプリは、食事の代わりになりません。)

本格的夏になりました。

熱中症が怖い季節ですね。

その予防には、「こまめに、水分を補給しましょう。」と言われますが、その前に基礎体力が大切ですね。

食事は、しっかり栄養バランスよく食べられていますか。

 

食事だけでは、心もとないので、サプリを利用するという方もおられるでしょう。

私も、毎日牛乳を飲みますが、骨折予防から考えて、ビタミンDが不足すると、考えられますので、1日1回30㎍(1粒)飲んでいます。

 

話は、少しそれますが、アメリカでは、市販の牛乳にビタミンンDが強化されているとのことです。

 

話を元に戻しましょう。

ビタミンD脂溶性ビタミンの1種なので、1日1回飲めばいいとのことで昼食後に飲んでいます。

 

もともと、サプリは薬に分類されていないので、買い求めても、詳しい飲み方は、書かれていません。

 

ビタミン剤は、いつのめばいいのでしょうか。

マルチビタミンマルチミネラルについて考えてみると、その成分は、水溶性のものと、脂溶性のものがあります。

 

先程、書きましたように、脂溶性のものは、1日1回、水溶性のものは、朝飲むと、尿とともに、排出され、夕方には不足する場合があります。

朝、昼、夜、の1日3回か、朝、昼の1日2回がいいでしょう。

 

さらに、水溶性ビタミンは、胃腸の働きが活発な時が、吸収されやすいので、食後に飲む方が効果が高いです。

 

サプリは、あくまでも、栄養補助食品です。

サプリを飲んでいるから、微量成分が、体に十分吸収されているとは考えないでください。

基本は、食事にあります。

それと、既定の量の2倍のんだから、2倍の効果があるわけでありません。

サプリの成分には、取りすぎて副作用を出すものがあります。

摂取量は既定の量を守ってくださいますように。

皆様、元気に夏が越せますように。

f:id:spring211:20210722070805j:plain

百日紅