人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

スマホに依存していませんか。

コロナが蔓延して、1年以上、スマホに触る時間が増えてはいませんでしょうか?

 

MMD研究所の「スマホ依存と歩きスマホの定点調査」(スマホを所有する15~69歳の男女560人)によりますと、

「かなりの依存」17.3%

「やや依存」52.5%

でした。

 

年代別で見ますと、

多いのは、20代女性34.0%が「依存している」と答えています。

少ないのは60代女性で45.7%が「依存していない」と答えています。

 

他の世代でも、平均して「やや依存」が10~20%、「かなり依存」が50~60%です。

 

もしも、紛失て困るのは「財布か、スマホか」の質問には

スマホが42.1%、財布が57.9%でした。

 

あまりに長くスマホにさわりに続けると、スマホ認知症と言われる危険性が発生します。

ふつうの認知症は、脳の萎縮が見られますが、スマホ認知症はそのような所見は見られず、脳の前頭前野の機能を停止してしまうことが原因とのことです。

あまりのたくさんの情報が、脳に入ってきて、情報の処理ができなくなる状態です。

この状態になると、集中力がなくなり、何かをやりたいという興味が減るとのことです。

 

他人事ではありません。

私は1日6時間もパソコンの前に座っています。スマホ認知症の危険を一番心配しなければならないのは私自身のようです。

f:id:spring211:20210522074024j:plain

アジサイ