人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

いつものウォーキングコース(俳句を詠みながら)

今年の梅雨入りは、早いようですね。

私の住む地域、竹藪を開いて作られた団地なので、植田を見ることはできません。

以前は、駅に出るまで、自転車で走っていると、家と家の間に植田があったのですが、今は、建売住宅か、マンションになってしまいました。

 

一昨日、ウォーキングをするとき、いつものように、団地の裏山を回りました。

梅雨の間は、鶯が鳴いています。

 

老鶯の高音の後の静寂かな

 

この時期のウグイスのことを老いウグイス(「ロウオウ」と読みます。)と言いますが、ウグイス自体が年老いてはいません。

 

暗い竹藪の間を抜けるとき、十薬が咲き始めていました。

 

十薬の花明かりあり竹林

 

 

山道に入ると、桐の花がたくさん散ってはいましたが、崖の上の桐の花は見ることができせんでした。

 

f:id:spring211:20210519072240j:plain

足許に桐の花あり仰ぎ見る

桐落花土嚢積みたる岨の裾

 

山道を抜けて、淀川に続く川の横に出ました。

f:id:spring211:20210519072536j:plain

一雨で水嵩が増えています。

 

普通の人なら、1時間弱で歩ける、この道、私は、最近は1時間半近くかかってしまいます。

最後は緩やかな坂道を1km上ります。

家に帰ると息が切れます。

 

夏マスク外して至福の深呼吸