人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

今まで断捨離とこれから断捨離

お題「断捨離」

一番、最初に断捨離したのは、夫が亡くなった後だった。

息子は、まだ同居していたわけではない。

娘も車で、20分ほど離れたところに住んでいた。

一人暮らしになったときであった。

 

それまで、母の介護、息子の発病と手術、そして、夫のがん手術、寛解後に再発、そして夫も他界した後であった。

家の中は、それまで夫とくらした日々の道具と、思い出が詰まっていた。

当時、私は、74歳。

「多分、10年以上はまだ、生きるであろう。」と考えた。

「自分、一人が、老いに負けないように生きてゆくには、身の回りの物を整理して、自分の生活を立て直さなければならない。」と思った。

 

処分したのは、母と私の着物、夫と私が、義母や母から受けついた骨とう品、そして、夫が趣味で集めていた骨董品。

リサイクル業者にただ同然の値段で売り払った。

箪笥も3棹、売ったり、清掃工場へ、団地のボランティアの方に運んでもらった。

 

押し入れ、天袋まで、つまっていた品々がなくなり、呼吸がしやすくなった。

 

 

その後、娘が他界し、娘の持っていた家具類は、遺品整理業者に、整理してもらったが、我が家にまだ、娘の残したもの、1回目の断捨離の時、未整理だったものが、あった。

 

最初の断捨離の時、全部整理したと思ったけれど、その時の業者が、「この家にいは、まだまだ、リサイクルできるものがありますよ。今度、処分するときも呼んでください。」と言われたけれど、正直、前回、リサイクルして引き取られる値段を考えると、

別の業者に引き取ってもらいたかった。

 

幸い、団地の管理会社が、紹介してくる会社が出張買取に来るという。

娘や私のアクセサリーとか、それなりの値段で売られていった。

我が家に、私の祖母のものであったという、団地サイズの陶器の飾り雛があった。それも、手放した。

値段が付いたという事は、また、その古い飾り雛も、かわいがってくれる人がいるという事であろう。

 

その後、息子と同居した。

また、かなり家具が我が家に増えた。息子の家具は、息子自身が、管理する。

 

そして、また、思った。

少しづつ、断捨離を続けなければと思えた。

狭い家、できるだけ、広く使いたい。

 

 

捨てにくいものばかり残っている。

その時考える、「私の寿命は、後10~20年。私が、先に逝き、息子がその時生き残っておれば、息子の体力で捨てられるか。私が90歳以上生きて、息子が先立った時、その品物を捨てる体力が残っているか。」

思い切って捨てることができるのである。

f:id:spring211:20210517075019j:plain

スイレン