人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

新聞は、世の中に必要なのか?

買い物からの帰りに、郵便受けを開けると、数枚のチラシが、入っていた。

マンション販売のチラシ、美容院のチラシ、水回り工事のチラシ、いろいろとある。

個人商店などでは、その店が存在することを、近隣の人に伝えることが、大切だろうし、チラシの効用は、あるだろう。

 

その中に、ある新聞販売店のチラシが入っていた。

家から自転車で、20分くらい離れたところにあるホームセンターの広告と、駅前の飲食店のチラシが、同封されていた。

「新聞を取ってくれれば、このようなチラシも簡単に見ることができます。」

と書かれていた。

 

大人ならば、ほとんどの人がスマホを持っている時世である。

個人商店でも、ホームページをもっているところも多い。

調べたければ、ネットにつなげればいい。

 

そのチラシを見て、新聞を取る人は、おそらくいないであろう。

 

新聞を取るのをやめて、10年以上過ぎた。

日常生活に新聞は必要ない。

ニュースは、パソコンで見る。

テレビ番組もパソコンで確認する。

購読料が、4037円。

その費用があれば、koboで自分の読みたい本を買う。

 

そのちらしには、「新聞を読むと教養が身に付きます。」とあった。

勉強したいことは、自分で、ググって調べる。

 

世界のニュースを集めてきてくれる機能は、まだ、大切だと思うが、新聞という媒体が必要なのだろうか。

 

子供のころは、両親は、毎日、新聞を読んでいた。

ラジオと新聞しかなかったから。

時代は、大きく変わったのだと思う。

f:id:spring211:20210423065744j:plain

花の名前、忘れました。何でしょうか?