人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

歯の病気、酸蝕症の予防の仕方

虫歯になりやすい息子、私がつくる白菜の浅漬けを食べなくなった。

この浅漬け〈水大匙3、酢大匙1、砂糖(私は、糖質制限のためラカントSを使う)大匙1/2、醤油小匙1,塩小匙1弱、粉カツオ少々〉に、今年は、白菜を1回2~3枚つけて、作るだけ。

美味しいのに。

 

「歯は、虫歯になる。歯槽膿漏になる。それと、酸蝕症になる。知らないのか?酸蝕症」と息子は言う。

悔しいので、ウィキペデイアで調べてみた。

酸蝕症 - Wikipedia

人の体の酸性度(pH=7.40±0.05)、

それに比べて、例えば、コーラの酸性度2.2、レモン2.1、栄養ドリンク2.5、黒酢飲料3.1.そのほか、柑橘類とか食酢の取りすぎ。

その他、逆流性食道炎とか、拒食症など胃酸が原因のもの。

そして薬品(アスピリンとか、ビタミンC)。

 

予防は、食後とかコーラなどを飲んだ時は、水やお茶で口を漱ぐ。

歯磨きをする。(食前1時間、食後1時間は、歯のエナメル質がとける。)

 

「白菜の浅漬けに食酢を使っているから食べないことにしたのだ。」

と理解した。

相変わらず、がん再発を恐れて、修行僧のような食事を続ける息子だこと。

私にとって、息子が元気でいてくれれば、言うことはない。

f:id:spring211:20210311073641j:plain

黄水仙(茎が伸びないミニ水仙