人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

座る時間が長いと、体調を崩す。

コロナ禍で1日中家にいることが多くなりました。

今までの生活に比べて座ったり、寝ている時間が、増えてはいませんか。

 

1日11時間以上座っている人は、座っている時間が4時間以下の人に比べて、死亡リスクが、40%アップします。(シドニー大学2012年)

1日9時間以上座っている人は、7時間未満の人に比べて、糖尿病のリスクが、2.5倍高くなります。(明治安田厚生事業団体力医学研究所2018年)

 

また、デスクワークが長くなると、腰痛、肩こり、お尻の痛みが、増えることが分かっています。

 

もし、病気で入院して1週間寝たままの時は、20%筋力が落ちています。

4週間寝たままの時は88%筋力が落ちます。

 

1日寝たままの時は落ちた筋肉を元に戻すには、1週間を必要とします。

 

日本人は世界で一番座っている時間が長いそうです。

 

その対策は、

①まず、30分~1時間座っていたら、立ち上がってトイレへ行ったり、飲み物を取りに立ち上がることです。

②リモートワークの場合は、スタンディングデスクを取り入れるのもいいでしょう。

⓷高齢者の場合は、ウォーキングを取り入れた生活がいいいでしょう。

f:id:spring211:20210225081703j:plain

桃の花