人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

e-Taxの還付金と老後2000万円問題との関連!

先日、送ったe-Taxが受理され、確定申告の還付金が、口座に振り込まれた。

 

私は税法上、息子の被扶養者であり、基礎控除が48万円あるだけである。

言い換えると「私は年金生活者であり、この年金以外に、48万円までの収入があっても、その収入に対して、無税である。」ということになる。

 

私は株式投資をしているので、配当収入が年間48万円までは、無税となる。

株式配当は、私の口座に振り込まれているとき20.315%源泉徴収されている。

15.315%が、所得税と復興特別所得税で、源泉徴収されている。

残りが、住民税である。

 

従って、この15.315%を返してもらうべく、確定申告した。

 

配当の利回りを2%と考えると、

480000÷0.02=24000000

の元金があることになる。

この数字、高齢者の老後2000万円問題の数字に近くないだろうか。

「高齢者は、子供の被扶養者であり、2000万円までは、現金を持っていても、それから生じる利子に対しては課税しません。」と政府が言っていることにならないだろうか。

f:id:spring211:20210213071308j:plain

椿