人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

株価はこの10年で上がっても、会社の価値が下がる場合がある。分散投資が大切だ。

昨日(2021年2月8日)は、Topixは、今年初めての高値を示し1923.95ポイントであった。

 

10年まえの2011年947ポイント、多少の上下はあつたものの、アベノミクスのおかげでよく上がったものである。

この10年間で利益をあげた投資家は多いことだろう。

 

しかしながら、上場している株式が、すべて上がったわけではない。

例えば、北陸電力(福井、富山、石川に電力を配給している会社)は、2011年1月に

2000円余りであったのが、現在702円である。

 

2011年と言えば、福島原発の事故のあった年である。

東京電力の株価は下がった。

当然のことである。

事故にあった福島原発の後始末、税金まで投入された。

そして、完全に後始末が出来ているのであろうか。

 

電力株は、2011年までは資産株であった。

しかしながら、他の電力株も、それぞれの会社が事故を起こしたわけではないが、大きく値段が崩れた。

 

北陸電力も例外ではない。

北陸電力志賀原発の下には活断層が走っている。

もしも、地震が起こると原発事故の危険がある。

再稼働することはないだろう。

いずれ、廃炉になるであろう。

その費用は、どのくらいかかるのであろう。

 

北陸電力の配当、半期5円、1年で10円である。

ほかの業種に比べて少ない。

原発廃炉に向けて、内部留保を高めているのであろうか。

 

北陸電力の会社経営者が、経営に失敗したわけではない。

それでも、この10年で、会社の価値は、大きく下がった。

 

Topixは,この10年で2倍になっている。

貨幣価値が2分の1になっている。

北陸電力の価値は、株価が約3分の1になっているから、全体で6分の1になっていることになる。

 

投資を1社にするのは、本当に怖いことだと思う。

f:id:spring211:20210209073913j:plain

シクラメン