人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

JALが値上がりしている。もしかしたら、コロナが終わる見込みがあるのだろうか?

JAL日本航空)が、昨年度の決算を発表したのは、2月1日のことだった。

結果は、会社が予想したより、悪かった。

コロナが蔓延している。

飛行機に乗る人は激減しているから。

 

2月2日は、当然のように、JALの値上がりはなかった。

 

ところが、2月3日から、JALが値上がりを始めた。

2月4日、2月5日も順調に値上がりしている。

 

どうしてだろう?

昨年度の決算は悪いのに。

 

考えてみた。

JALの決算は、投資家が考えたより、よかったから。

②投資家のなかに、乗客が増える見通しを持っている人がいる。(何を根拠に、この結果を導きだしたのか、全く、分からない。現在、コロナが終わる見込みなど、どこにもない。)

 

もしもである。

②の説が正しいとしたら、ANAはどうだろうか?

調べてみた。

ついでにホテルコンフォートを展開するグリーンズという会社の値動きも調べてみた。

ANAもグリーンズも値上がりしている。

 

東京証券市場で株の売買をする人は、日本人だけではない。

「世界のどこかで、コロナが収束すると考えた人がいる可能性がある」というと考えられる。

株式市場の値動きは、すべての投資家の総意である。

今回の値上がりがさらに続き、コロナの終息がみえてくるとうれしいのだが・・・

f:id:spring211:20210208083657j:plain

キンカン