人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

スーパーで有機コーヒーが手に入った。

駅前のスーパーに買い物に出かけたら、有機コーヒーを売っていた。

インスタントだが、買った来て、早速飲んでみた。

酸味、苦味もそれほど、こくはない。

どちらかいうとまろやかな味である。

紅茶ばかり飲んで、コーヒーを切らしていたからか、インスタントとはいえ、おいしかった。

f:id:spring211:20210205070828j:plain

瓶は45g入りしか売ってなかった。

私は、1日1杯か2杯しか飲まないので、これで充分である。

 

しかし、UCCは、なぜ有機コーヒーを今頃売り出したのだろう。

確か、スーパー見たのは、初めてだった。

私が、勝手に考えてみると

①高値で売れ、会社の利益がふえるから。

有機JASに合格した商品を販売すると、会社の価値があがるから。

⓷客の要望に応えた。

⓸4~5年前にUCCの売れ行きが落ちた可能性があり、どのようなコーヒーが市場で売れているか、調査をしたところ、日本人が、コーヒーを飲まなかくなったのではなく、有機JASに合格した商品を求めていることが、分かった。

 

わたしは、⓸が中心で②の要素もあるのではないだろうかと考えている。

皆様方は、どのように、考えられますか。

 

それにしても、有機JASに合格したコーヒーが手に入ることはうれしい。