人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

確定申告はしたけれど、住民税の還付は受けないでおくことにした。

e-Taxの送信を終えて - 人生は80から (hatenablog.com)

確定申告を無事終えた。

しばらくすると、私の銀行口座に私が、払い過ぎていた所得税と住民税が、戻ってくるであろう。

 

私は、もともと、年金生活者である。

若いころ、正社員でなかった時期が長かったので、老齢基礎・厚生年金は少なく、もし、確定申告をしなければ住民税はかかることはない。

 

戻ってくる予定の住民税は、私に起訴控除額48万円の5%である。

 

住民税の還付をうけ(別途、町民としては最低値である住民税を再び払いなおすか)るか、住民税の還付を申告せずにおくか、どちらが有利か考えた。

 

住民税を別途支払わなければ、例えば健康保険の支払いが減る。

私の保険は、後期高齢者だから、国民健康保険は関係ない。

 

しかし、高額医療が必要となった場合は、負担額が減る。

(昨年、白内障手術を受けた時は、わずかではあるが、医療費が減額された。)

 

消費税が上がったときは、臨時福祉給付金がいただけた。

 

人生何が起きるか分からない。

住民税の還付は受けないでおこうと思った。

 

町役場に行って、e-Taxで送った書類のコピーをわたし、「住民税の確定申告をしない届け」の用紙を提出すればよい。

雨だったけど、行ってきた。

 

「印鑑とマイナンバーカードが必要」と聞いていたが、必要なかった。

f:id:spring211:20210125080609j:plain