人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

家に小さな故障が続く。

毎日の生活を同じように続けていると、時々小さな故障が起きる。

 

暮に換気扇の掃除をしようとしたら、換気扇が分解できなくなっていた。汚れ過ぎて羽が外れないのだ。

この団地には、高齢者の困りごとを助け合えるボランティア組織がある。

私も、その組織に属して、私より、高齢者のお宅(5階に住んでいる)へ5kgのお米

を運んだりしている。

その組織の人に、換気扇を取り換えてもらった。

 

次に起きたのは、自転車の後輪のパンクであった。

空気の抜けて自転車にのって、坂道を降りて、自転車屋さんで修理してもらった。

「タイヤに空気がない状態で、放置しておくと、パンクしやすですよ。」と前回のパンクのときに自転車屋さんに注意されていたけれど、自分で、空気がチューブに十分入らない。

やはり、パンクを繰り返す。

数年前まで、一気に上がれた坂道を電動自転車なのに、2~3回下りて、何とか上がれた。

 

次は、昨日、使っていた瞬間湯沸かし器が、湯から水に変わった。

元栓を消して、つけなおすと、またすぐに、湯がではじめるけれど、15年くらい使っている代物である。

都市ガスには一酸化炭素は、入ってないというけれど、不完全燃焼して、もしも一酸化炭素が出たら、怖いので、取り換えてもらうことにした。

4~5万円くらいかかるという。

繋ぎの水道管がさびている。

工事で、壊れなければということだそうだ。

 

人の体も、年を取ると、体にあちこちに故障が出て来る。

その故障が大事にならないように、気をつけていても、少しづつ衰えてゆく。

新築の団地に入居して45年、建物のあちこちに故障が起きてくる。

建物自体は、鉄筋コンクリートだから、しっかりしているものの、手入れをしないと、住みがたくなる。

 

一つ一つ、手入れをして、これからも付き合ってゆきたいと思っている。

f:id:spring211:20210123072500j:plain

サイネリア