人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

スーパーの値引きを受けるのにスマホが必要になったことに対する感想。

買い物は、週2回、駅前のダイ〇―へ行く。

ほしい商品が、そろっているのと、今まで、65歳以上の人は、消費税抜きの買い物をした合計額が5%引きになったからである。

 

しかし、この値引き制度、今年の2月で終わりになる。

3月からは、55歳以上を対象に、消費税抜きの買い物をした合計額(ただし、ダイ〇ーのアプリをダウンロードした人のみ)が5%抜きになるという。

 

私はスマホを持っていない。

以前携帯は人並に持っていた。

息子が癌になって、仕事が出来なくなり退職したあと、不必要だからと携帯をやめた。

次に、夫が亡くなり、携帯で、電話する人は、ほとんどいなくなった。

メールは、娘とよくやりとりしたが、娘が亡くなり、外出先からメールをする相手はなくなった。

それで、携帯を持つのをやめた。

 

その時、スマホがこのように、生活の中で必要になるとは思わなかった。

ほとんど、家にいるのである。

パソコンが、あれば、ネットの世界で楽しむのは、十分である。

 

今回のダイ〇ーの5%引き対象者をかえたのは、「今まで、高齢者が年金をもらっているから豊かである。」というのでなく、「生活をするためにスーパーで大きい金額を使っているのは55歳~70歳である。」というのはデータを割り出した結果であろう。

 

スマホをこの割引きのために購入する気はない。

しかしながら、時代の波に乗り遅れたことを痛切に感じている。

f:id:spring211:20210120083044j:plain

早咲きの梅