人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

e-Taxの登録

毎年、町のふれあいセンターで行われる確定申告相談会が、今年はない。

たくさんの人が、相談に行って「密」になるからとのこと。

「必要な人は、高槻市の相談会か、茨木税務署まで行ってください。」とのこと。

 

息子にすすめられて、e-Taxをしてみることにした。

 

数年前確定申告相談会に行ったっと期に、利用者識別番号は取得していた。

しかし、パスワードは、きれいに忘れていた。

パソコンの画面から、国税庁に問い合わす。

暮の内に、茨木税務署から、パスワードは連絡してくれた。

 

マイナンバーカードは、取得はしていたが、今までの確定申告の時(税務署の方に手渡しであったが)本人確認のため提示したにすぎなかった。

こちらも、12桁の英数字と4桁の数字であるパスワードをきれいに忘れた。

町役場に行き、パスワードの再発行をしてもらっていた。

 

次に、必要なのは、マイナンバーカードの情報をおくるためのカードリーダーライター。

ネットで接触型の一番安価(870円でした)なものを購入。(サムコス)

 

1月4日に確定申告作成コーナーが、開かれるので、早速、アクセス。

利用者識別番号とマーナンバーカードの情報を登録しようとしたが、これはソフトのダウンロードが、必要で、私では、完全にお手上げであった。

息子の手を借りた。

 

そして、昨年のスタート地点である必要な数字を打ち込む画面まで来た。

まだ、証券会社の年間取引報告書も、年金の額の証明書も郵送されてきていない。

現在、資料到着待ちである。

 

「確定申告のページは、毎年、分かりやすくなっている」と言われている。

すべての人に、必要な情報を伝えようとするから、難しくなるのだろうけど、本当に分かりにくい。

完成すれば、家からでずに、すべての資料提出がすむので、便利になっては来ているが、オンラインは、使いこなすのがむつかしい。

私には、息子がいてくれることを本当に感謝したい。

f:id:spring211:20210105080439j:plain

南天