人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

今年最後の東京証券市場

昨日は、大納会

株式市場の今年最後の日でした。

毎年、12月30日は、「今年の取引が、無事終了した」ことを祝い、シャン、シャン、シャンと手締めを行い(みんなで、そろって手をたたき)、来年また、株式市場が上昇傾向になることを願い、祝賀ムードに包まれます。

 

その結果がYahooファイナンスでも表れて、景気上昇を祝うような文章が、書かれます。

 

ところが、株式市場、一昨日、日経平均は27602.052でしたが、昨日は27568.15で終わりました。

概況、市況も祝賀ムードではなく、昨日の市場の状態を伝える文章にしかすぎませんでした。

 

やはり、世界は、コロナに圧迫されているのでしょう。

今回のコロナにより、世界各国の経済は、大幅な金融緩和をしています。(お札を大幅に印刷しています。)

だから、「来年、株式市場はバブルが来るだろう。」と言われています。

しかし、経済の実態は、そのようなものではないでしょう。

 

コロナをこれ以上蔓延させないために、経済封鎖が続けば、恐ろしいことになるでしょう。

 

1日も早いコロナの収束を願うばかりです。

 

 

 

今年1年、このブログにきていただき、スターやブックマーク、コメントをありがとうございました。

それが励みになり、無事に、休むことなくブログを続ける事が出来ました。

ありがとうございました。

皆様、よいお年を迎え下さいませ。

f:id:spring211:20201231081249j:plain