人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

ぶどう糖果糖液糖を使っていないお漬物

糖質制限をしているのに、お漬物が好きです。

副食は、魚の生干しだったり、鶏肉の低温料理だったりするのですが、サラダ以外にお漬物をよく食べます。

 

最初は、市販の浅漬けの素を使ったり、スーパーで売られているお漬物を買っていました。

しかし、浅漬けの素にも、市販のお漬物にもぶどう糖果糖液糖が使われているのを知ってから、買うことをやめました。

 

ぶどう糖果糖液糖とは、トウモロコシやサツマイモやジャガイモのでんぷんを分解して作るブドウ糖液のブドウ糖を果糖に変えて、甘みを強くした液です。

原材料のでんぷんは、現在ほとんどアメリカ産のトウモロコシからつくられています。

ということは、遺伝子組み換えトウモロコシということになります。

 

 

我が家の場合は、息子が癌サバイバーですから、ブドウ糖果糖液糖は、危険です。

それで、市販の朝漬けの素もスーパーで売っているお漬物も買うことをやめました。

(砂糖の代わりに、このぶどう糖液果糖液糖は、現在清涼飲料水やなべ物のたれにも使われています。)

 

それでも、お漬物を食べたい。

自然栽培のお米を探していて、無添加の高菜漬けを見つけました。

f:id:spring211:20201215075521j:plain

原材料は、高菜、塩、唐辛子だけです。

安全、安心が、食事には、今最も大切だと思います。

どんなご馳走も、「これ、体に悪いのではない?」と疑問を持つと、おいしくありません。

浅漬けですから、漬けている期間もそれほど長くはないのでしょう。

歯の悪い方には、もう一つでしょう。

甘みは、ほとんど感じません。

それでも、食事のアクセントになります。

 

美味しい食事ができて、本当に幸せと、思えます。