人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

十月の俳句

十月も最終日になりました。

 

コロナのために、ほとんど出かけることもなく、静かな毎日でした。

もうすぐ、冬がやってきますね。

冬に向かって、元気に生活してゆきましょう。

 

十月の俳句ですが

 

灯が一つ夜更けの団地ちちろ鳴く

夜更けに飲む白湯の旨さや秋深し

雨近し木犀の香の強き午後

ベランダの柵を動かず秋の蠅

故郷の村の名を聞く秋の駅

短日や野良猫走るシャッター街

長き夜の遅々と進まぬ古時計

秋雨に誰にも会わぬ三日間

そぞろ寒眉毛に一本白髪生ゆ

咳止まず真夜の静寂に一人居て

 

俳句を始めたのは、60歳になった時、子供たちが、巣立っていた後でした。

「年を取れば時間長者になるだろう」との思いからでした。

それでも、最初は、「いい俳句が詠みたい」とばかり考えていましたが、自分の能力が分かってきた今は、日記のような詠み方になってきました。

耳が聞こえにくく、ほかの方とほとんど話ができない私には,いい時間の過ごし方が出来ています。

f:id:spring211:20201031075654j:plain

初紅葉