人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

今、私が困っていること「外出先で話ができないこと」

若いころから、天井がぐるぐる回るようなめまいを繰り返し、眩暈の度に、少しづつ、聴力を落としてきたようだ。

 

かかりつけ医に、「眩暈が、起きればすぐに来てください。ステロイドの点滴をする必要がありますから。」と言われていたにもかかわらず・・・

 

日常生活の忙しさにかまけて、ステロイドの点滴を受けたことはなかった。

ステロイドの点滴の意味が、聴力低下を防ぐことを知らなかった。

 

70歳まで、働いた。

働ける体力は、まだ、あったが、ドラッグストアでお客さんの言われることが聞き取りにくくなり、聞き返すことが多くなった。

明らかに、これ以上、店にいても、同僚に迷惑がかかると考えて退職をした。

 

生活に落ち着きがでて、耳鼻科に行った。

「何故、もっと早く、こなかったのですか?これほど、聴力をおとすことはなかったのに」

口は悪いが、治療には定評にある医師であった。

 

一通りの治療後、「これ以上、回復の可能性は、ありません。」とのことで、補聴器屋さんを紹介してくださった。

 

左は、「耳小骨が変形していて、補聴器を使っても、回復の見込みはない」とのことで、右側だけ、補聴器を使用している。

日常生活に、ほとんど不便はなくなったが・・・

 

その後、夫の介護、死去、そして娘の他界と続いて、テレビの音量を最高に上げても、補聴器を入れても、テレビの音が、ほとんど、聞こえなくなった。

やはり、ストレスは、いけないようだ。

 

その耳鼻科に行くのを、この時期、しばらく、サボっていたから、耳鼻科の医師には、叱られた。

リンデロン(強力なステロイド)を服用して、かなり、聴力は、回復した。

 

「今は、幸い聴力は安定している」とその耳鼻科では言われている。

 

しかし、最近、外出先で、ほかの方の声は聞こえるが、何を話しているのか、全く聞き取れない。

電話の声も、音は聞こえるが、何を話しているかは理解できない。

 

原因は、マスクである。

皆さん、全員、マスクをしている。

マスクの中の声は、くぐもり、私のような、難聴にはほとんど聞き取れない。

 

テレビも最近は、字幕を見ていると、内容は理解出来るし、スーパーに行っても、

目が見えれば、店員さんの話の内容が分からなくても、買い物はできる。

だから、介護認定を受けるほどではない。

相手の人が、ここで何を話するか分かっていれば、かなり理解できるが、話題が飛ぶと

内容は、全くできなくなる。

近所の方とも、ほとんど話はできない。

 

本当に不便なこのころである。

コロナよ、早く終息してくれないか!

f:id:spring211:20201019071918j:plain

ハナミズキの赤い実