人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

アメリカの大統領選の行方を占う記事をよんで、

間もなく、アメリカ大統領選がありますね。

トランプ氏が勝つか、バイデン氏が勝つか、興味深々というところです。

 

アメリカの大きい影響を受けている日本の政治の方向をも左右するでしょう。

為替の動向も気になります。

トランプ氏が勝つと、円安になり、輸出産業は、利益が上がるでしょう。

トヨタ自動車など、大きな利益を上げるでしょう。

 

反対にバイデン氏が勝つと、円高になり、自動車株が売られるでしょう。

 

双日研究所のチーフエコノミスト吉崎達彦氏の文章を読むと、

まず注目点の一つは、

7~8月は、バイデン氏が有利だったそうです。

 

しかし、トランプが勝つか、バイデンが勝つかのかけが、アメリカでは、広く行われているそうで、そのかけのオッズは、互角だそうです。

予想としては、個のかけのオッズが一番、信頼に足るとのことです。

 

2つ目は、Black Lives Matter(黒人の命なめんなよ)の講義デモの行方だそうです。

現在、警察や司法制度の改革は、全国的問題になっているとのことですが、アメリカの警察官は、地方職員で、週によって、違っているそうです。

 

3つ目は、コロナの影響で、今回は郵便投票が必要といわれていますが、トランプ氏は

「郵便投票は、不正が起きる」と反対を主張しているそうです。

郵便投票は、投票率が上がるので、トランプ氏に不利なのだそうです。

郵便関係が、現在、アメリカでは赤字です。

赤字克服と称して、郵便業務を縮小す方向の業務縮小をさせて、郵便物の遅配をさせているそうです。

郵便投票をつぶそうとしているのだそうです。

 

こんな記事がネットで配信されています。

テレビを見ている限り、わからないよう記事で、おもしろかったです。

つくづく勉強になったと思いました。

f:id:spring211:20201013072122j:plain

チョウセンアサガオ