人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

カタログギフトの中で選んだものは?

息子のがん再発を防ぐために、無農薬無化学肥料で作られた食材を買ってきた。

インターネットを利用することが多い。

その時の支払いは、カードを使ってきた。

そんなカードのポイントが「塵も積もれば山になる」で、ある程度たまったので賞品と交換した。

やってきたのは、カタログ・ギフト!

f:id:spring211:20200924065419j:plain

九州名産品のカタログ・ギフトだ。

九州各県を代表する豚や鶏のなべ料理から始まり、海鮮料理、お米、野菜や果物、スイーツ、ドリンクが並んでいる。どれも、おいしそう!

目移りした!

 

しかし、日常の生活を考えると、息子の健康を考えて、安全な食材を追いかけている。

この写真にのっている豚肉や鶏肉は、何を食べて大きくなったのであろうか。

 

輸入品の大豆やトウモロコシを食べていないだろうか。

もし、そんなものを食べているとすると、外国産の大豆やトウモロコシは、当然、遺伝子組み換え商品だし、育てるのにラウンドアップを使用しているであろう。

そして、そのラウンドアップは、豚の場合は、豚肉の中に、3倍余り、鶏の場合は2倍余りに濃縮されているであろう。

このカタログには、牛肉は載っていないけど、牛は12倍余りに濃縮される。

いわゆる「生物濃縮」である。

 

私は、認知症になりたくないので、糖質制限食をしている。

わざわざ、お米やスイーツ、果物など、糖質の多いものを選ぶことはできない。

 

最近、自然食品を販売しているインターネットショップで、たくあん漬けと高菜のお漬物を買った。

ほんとうに、おいしい。

スーパーのお漬物は、果糖ぶどう糖液が入っている。

この果糖ぶどう糖液の原料は、遺伝子組み換えトウモロコシの可能性が高い。

スーパーでお漬物を買うのはやめている。

 

正直、果物には、未練があった。

しかし、無農薬ではなかった。

目の前にあれば、息子もほしくなるであろう。

果物もやめた。

 

選んだのは、お漬物のセット。

無農薬ではないが、少し食べて、繰り返し食べるのでなければ大丈夫であろう。

f:id:spring211:20200924072121j:plain

送られてくる日が楽しみである。