人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

最近、失望した話

夫が元気なころは、毎年ではないがなくなれば梅干しをつけていた。

最期に梅干しを付けたのは、夫の亡くなった前年の事であった。

 

しかし、その梅干しもなくなった。

今年、つけようかと思ったが、無農薬の青梅は手に入らず、無農薬のシソも手に入る見込みはなかった。

 

体内に癌細胞が残っている息子は、ラクベジタリアンである。

牛乳には、鉄分が含まれない。

息子は、「梅干しには鉄分が100g中1.2g含まれているから、梅干しを食べたい」

といいだした。

 

すでに、梅干しをつける季節が終わってからの話だったので、ネットで探して無農薬無肥料の梅を30年栽培している三尾農園さんを探して、梅干しを購入した。

(余談だが、三尾さんは、神様と仙人を足して、2で割ったような人で、非常に、気持ちよく取引は終了した。)

 

早速手に入れた梅干しをヨーグルトに添えて食べる。

美味しい!

「こんなに酸い食べ物だから、ビタミンCが、きっと多く含まれているだろう。ひょっとしたら、レモンくらいのビタミンCが含まれているかもしれない」と考えて、調べてみた。

 

しかしビタミンCは0mg

失望した。

息子は、「梅干しは、酸が多いから、虫歯になる確率も増える」とがっくりした様子で言う。

 

「ご飯に梅干し」日本の代表的な食事の一つである。

ご飯に、冷奴、梅干しは、健康食にならないのである。

改めて和食は、健康食にならないのかと、考え込んでしまった。

f:id:spring211:20200829070459j:plain

アサガオ