人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

マイブーム、ヨーグルトを大量に食べる事

最近のマイブームは、無糖ヨーグルトを食べることです。

 

ヨーグルトと言えば、イリヤ・メチニコフというパスツール研究所の研究者がブルガリアを旅行し、100歳状の高齢者が、この地方に、多くその原因はヨーグルトにあると発表したことから、一般的に有名になりました。

現在は、「このときのブルガリアの高齢者は、戸籍がしっかりしていなかったからだ」

と言われ、この研究は、根拠が乏しいものとされています。

 

ブルガリアでは7000年前から、ヨーグルトが作られています。

 

ヨーグルトは、乳酸菌が牛乳中の糖を分解し、乳酸を作り出し、その牛乳が酸性となり、カゼインが固まることからできることは、皆様よく知っておられることでしょう。

 

現在市販されているヨーグルトの乳酸菌は、人間の腸内に定着はできません。

乳酸菌の代謝物は腸内のウエルシュ菌の比率を下げて、腸内の乳酸菌の活性化されることにより、腸内細菌の状態をよくすることで、効果が表れるとのことです。

 

スーパーで売られているヨーグルトは、果物などが入り、おいしいですが、糖質制限をしている私は食べられません。

それに、市販のヨーグルト、バターを生産するためにすべての脂質が、抜き去られています。

現在、私が食べているヨーグルトは、通販で購入したもので、100g当たり脂質3.1g、糖質2.9g、蛋白質3.6g含まれています。

 

甘いものが欲しいときは、ラカントSをかけますし、食事の時は、生野菜にたっぷりかけて食べます。ウォーキングから、帰り、冷えたヨーグルトを食べているのは、天国にいるようなものです。

 

ヨーグルトを食べ始めてから、真夜中の喘息発作も減ったように思います。

f:id:spring211:20200812074404j:plain

バーベナ