人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

コロナ・ウイルスは、ほんとは、どの程度怖いのでしょうか。

7月になって、PCR検査陽性者が増え、「第2波か」と言われおり、志村けんさんの死亡

などで、コロナ・ウイルスは「感染力も毒性も強いウイルス」と一般に言われています。

 

一方、WHOの見解では、「ほとんどの患者は、軽症、または中程度の呼吸器疾患を起こし、特別な治療を必要とせず回復する」という説明をWebサイトにのせているとのことです。

 

100万人あたりの死者の数は、アメリカ466人、イギリス700人と欧米では多く、日本8.09人、韓国5.98人、中国3.3人と東アジアでは少なくなっています。

 

インフルエンンザでは、毎年約1000万人が、感染しそのうち約3000人が死亡します。関連死も入れると、約1万人が死亡しています。

 

インフルエンザに比べて、コロナウイルスは、毒性の強いウイルスではないといわれています。

 

ただ、問題になるのは「2%ほどの人に、重症化する人が出る」ことです。

「若い人、持病のない人は、普通の生活してもよく、集団発生が起きると、学校閉鎖や職場閉鎖を行えばよい」という考え方もでています。

 

重症化しやすい、高齢者や持病のある人は、ステイ・ホームとのことです。

経済的生活も滞ることなく、いい方法ですが、我が家に様に、高齢者の私と癌細胞が体内に残る息子の生活はこの方法だと、いつまで、ステイ・ホームになるのでしょうか。

 

好きだった、国内旅行昨年10月から、行っていません。

大阪市内のも、京都市内にも、今年1月初めに行ったきり、ご無沙汰です。

コロナには、かかりたくないので、ステイ・ホームは続けます。

ありがたいことに、生活のために、仕事で外へ出る必要がないのは、恵まれています。

 

1日も早く集団免疫ができてほしいものですね。

f:id:spring211:20200809075627j:plain

クサギ