人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

木々が密植され過ぎて、困った団地

今住んでいる団地に、引っ越してきて45年になる。

施工業者が、都市整備公団なので、外壁塗装は、3~4回あったけれど、建物自体に生活するのに不備はない。

 

もちろん、私自身、キッチンの排水管を詰まらせたり、トイレの排水が悪くなったりしたことはある。

キッチンの場合は、毎年1回、業者さんに清掃してもらっている。

 

我が家ではないが、中庭に植えた木の根が大きくなって、排水管を遮断して、汚水があふれたという事故があった。

 

この団地、団地が建つ以前は、竹林であった。

 

新しく団地が建った時の管理組合の代表になった人が、

「この、団地は、自然が、豊かなところです。団地が建って、一度自然を破壊してしまいました。できるだけ、自然の状態の早く戻すため、木をたくさん植えました。

5階から見ると(ほとんどがエレベーターなしの5階建て)木々が、伸びてきている様子が、とても、きれいで癒されます。

と説明された。

 

我が家は1階である。ベランダの目の前に植えられた夏椿が邪魔になり、家の中が暗い。

ベランダ側は、真南でなく、少し東にかたむいているので、午後、日が当たらない。

午後は曇りの日は灯りが必要である。

 

明らかに、密植だと思った。

私にとって幸いなことに、この夏椿は、すぐに枯れた。

「代わりの夏椿をすぐに植えます」と管理組合の代表はいわれたが、私はすぐに、断った。

夏椿1本が、目の前から消えると、部屋の中が、少しでも、明るくなるから。

 

時折、業者さんが、入って、枝を大きく切り込んだ。

例えば、ヤマボウシは、大きく枝を切りこんで、もう、5年くらいになるか、花をつけていない。

 

そして、30年余り、木々はどんどん大きくなった。

 排水管が、植物の根で詰まる事故がおきたとき、団地の大きな木々の伐採が行われた。

 

少し離れたところにあった、エゴノキが切りたおされた。

スズランのような白いきれいな花を咲かせる木であったが、家の中が、また明るくなった。

 

今、問題になっているのはサクラ並木。

春には、夢をみるようなきれいな花を咲かせる。しかし、夏は、青葉が茂り、やはり、家の中を暗くするし、毛虫が発生する。

昨年、大きく枝を切りこんでくれたが、また、枝が、大きくなるであろう。

 

サクラは、公園ではきれいでいい花であるが、住宅街では、正直困った花である。

 

先日、団地の裏側に行ってみると。道路沿いの木が一列、切り倒されていた。

車が走るのに、狭い道なので、見通しが悪くなるのであろう。

 

明らかに、この団地の庭の設計した人は、目の前の事だけを考えて、木が成長することを忘れていたのだろう。

f:id:spring211:20200803071839j:plain

道路沿いの切り倒されて木々の一列。