人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

歩くスピードが遅くなって、骨の健康のためにビタミンDを摂ることにした

歩くのが遅い!

普通の人は、1時間に4kmは歩けるだろう。

いつも、私が、歩くコースは、階段を30段上がって、そこから坂道をゆっくりと下る。

一番低いところから、家までかえるのに、70mほど登る。

距離にして、約3km.

ふつうの人であれば、1時間はかからい距離であろう。

しかし、私は、必ず1時間15分必要である。

 

数年前に自転車に乗っていて、子供をさけようとして、転んだことがある。

そこから、腰痛の友達となった。

近所を出歩くときは、杖を使わないが、このウォーキングコースを歩くときは、杖がないと歩けなくなった。

 

腰痛を治したくて、週2回水中歩行に行っているが、現在コロナ騒ぎで、お休みである。

毎日、腰痛のなおるというストレッチをしている。体操が終わったっときは痛みは消えているが、5分くらい立っていたり、歩くと、また痛みが出て来る。

 

鎮痛剤を使用すれば、痛みは、たちどころに消えるから、旅行で、長い距離を歩くときは、鎮痛剤を使用する。

しかし、日常生活で、いつも鎮痛剤に頼っているわけには行けない。

 

カルシウムは、食事から十分とっている。

1日に、チーズは100gくらい食べる。

 

しかし、整形外科医には、「骨粗しょう症がありますね」と言われている。

破骨細胞が、活発過ぎるのだそうだ。

 

かかりつけ医に相談すると、

「考えられるのは、カルシウムの吸収が悪くなっているのと、脳内の錐体外路の働きが悪くなっているのだろう」とのこと。

 

錐体外路の治療は、まだ少し先でいいが、カルシウムの吸収が悪いなら、ビタミンD

だな」とのこと。

 

1日に15分日光浴が出来ればいいのだが、冬は特にむつかしい。

サプリのビタミンDをとることにした。

 

1日に30㎍。

市販品のなかでは多い方。

 

なお、ビタミンDは1日に100㎍以上取ると、過剰症になるという。

しばらく続けてみたいと思っている。

f:id:spring211:20200629071727j:plain