人生は80から

人生100才時代。健康に豊かに楽しく過ごすには

田中 宇氏の「米中逆転」(なぜ世界は多極化するのか?)を読んで。

田中 宇氏の「米中逆転」(何故世界は多極化するのか)をよみおえた。

 

現在の日本、対米従属である。

アメリカが世界の覇権を握っている。私が、物心ついたときはから、世界の覇者はアメリカであり、それが当然と思っていた。

 

この本は、2010年ころに出版されている。

世界にはじめて覇権を確立したのは、産業革命を果たして、裕福になったイギリスであった。

それからの2010年までの現代史の本であった。

2000年ごろに世界に起きた事件の解説が書かれていたから、非常に、面白かった。

 

第2次大戦後、イギリスは、アメリカに覇権を譲り渡した。

世界の覇者でありつつげるには、費用が途方もなくかかるからである。

しかし、イギリスは諜報機関を使って、アメリカの影響をあたえ続けている。

 

現在、アメリカと中国は敵対関係にない。

アメリカは、費用のかかる世界の覇者であることをやめたがっている。

その後の、貿易の通貨をドルだけでなく、新しい通貨について、討論するためにBRICsを中心にG20が組織された。

 

ソ連が崩壊し、中国が台頭し、アメリカは、中国とロシアを敵視する必要はなくなった。

中国が、アメリカの後の世界覇権を握るのではない。中国は、アジア一帯、投資をしているアフリカに影響を与えればいいと考えている。

ロシアは、極東の天然ガス天然の開発を始めている。

 

世界の派遣は一国でなく多極化をして動いている。

 

それなのに、日本の官僚組織は、自分が、日本を支配続けるために米軍に沖縄に駐留を続けてもらっている。

沖縄の駐留軍の費用は、ほとんど日本の負担である。

米軍が、武器が発達して、グアムから中国、ロシアに対して、仮に戦争状態になっても、応戦できる状態になっている。

米軍がグアムにうつっても、何ら、問題はない。

 

日本は高度成長期にも、国際政治について、発言してこなかった。

現在の状態で、対米従属を続けてゆくと、日本はさらに小さい国になってゆくであろう。

多極化した世界で、対米従属を離れるともっと自由な日本になるであろう。

 

しかし、田中氏の予想と違って、この10年対米従属は続いている。

最近の10年の世界情勢の解説を探して読みたいと思っている。

f:id:spring211:20200626071737j:plain

あじさい